新書、文庫で勉強する日本史

新書や文庫本で日本史の勉強を始めています。まだまだ入門者だと自覚していますが、私と同様の入門者の方や、高校生、大学生の参考になればと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NHK「その時 歴史が動いた」の「謙信恐るべし」(平成19年4月4日 (水) 放送)

NHK「その時 歴史が動いた」の「謙信恐るべし」(平成19年4月4日 (水) 放送)を観た。

http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2007_04.html#01

 生涯70回以上の合戦でほとんど負けたことがない戦の天才、まさに、謙信恐るべしである。

 黒田日出男氏が出演していて、洛中洛外図に謙信が描かれているという『謎解き洛中洛外図』(岩波新書)での説が取り上げられていた。でも、黒田氏の説のうち、番組に必要な部分だけで、少し残念(^_^;)
 でも、黒田氏の本では、理念的にしか理解しなかった、信長の謙信を恐れるイメージがつかめた点では、この番組はよかった。

 上杉謙信の家訓がよかった。以下の16条のとおり。
 わからないのもあるが、なるほどと感心できるのもある。

 「心に物なき時は心広く体泰なり」
 「心に我が侭なき時は愛敬失わず」
 「心に欲なき時は義理を行う」
 「心に私なき時は疑うことなし」
 「心に驕りなき時は人を教う」
 「心に誤りなき時は人を畏れず」
 「心に邪見なき時は人を育つる」
 「心に貪りなき時は人に諂うことなし」
 「心に怒りなき時は言葉和らかなり」
 「心に堪忍ある時は事を調う」
 「心に曇りなき時は心静かなり」
 「心に勇ある時は悔やむことなし」
 「心賤しからざる時は願好まず」
 「心に孝行ある時は忠節厚し」
 「心に自慢なき時は人の善を知り」
 「心に迷いなき時は人を咎めず」 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その時歴史が動いた

その時歴史が動いたその時歴史が動いた(そのときれきしがうごいた)は、NHK総合テレビジョン|NHK総合テレビで放送されている歴史情報番組。放送開始は2000年3月29日。NHK大阪放送局制作。司会者*松平定知(NHK東京アナウンス室所属アナウンサー。収録の

みどりの記録 2007年07月20日(Fri) 05:36


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。