新書、文庫で勉強する日本史

新書や文庫本で日本史の勉強を始めています。まだまだ入門者だと自覚していますが、私と同様の入門者の方や、高校生、大学生の参考になればと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

統一地方選が終わって一段落だが、さて、次は夏の参院選がどうか。石川真澄氏の『戦後政治史』(岩波新書)が面白い。

 統一地方選が終わって一段落だが、さて、次は夏の参院選がどうなるか。
 たぶん、自民敗北ではないか。一勝一敗などと言ってられないのではないか。
 石川真澄氏の『戦後政治史』(岩波新書)の「補論 民意の軌跡」(p.197~)は面白く、興味深い。
 そこで仮説として言われる、参院選での、保守党の得票と棄権票の相関関係(棄権が増えると保守党得票は減り、棄権が減ると保守党得票は増える)や、「亥年現象」(12年毎の地方統一選挙と参院選が重なる年は、たぶん地方議員が4月の選挙のあとサボッて督促しないから、棄権が多くなる)は、思わず納得してしまった。
 ちなみに今年はその亥年だが、今年の参院選は棄権が多く自民は負ける、かどうか興味深い。

 この、石川真澄氏の『戦後政治史』はその補論も面白いのだが、本論はどうかというと、1945年から1994年までの50年間の政治史をわかりやすく解説したものだ。
 様々な事件やエピソードもほどよく説明されていて、興味深く戦後史を勉強できるのではないか。戦後史を勉強しようとする大学受験生には、お勧めだろう。
 ノートをまとめたりするときに、参考書にすればよい。
 ただ、ついつい、ほう、ほう、なるほど、そう、なんて読み流すと(わかりやすく、興味深いだけにそうなりやすい)頭に入らないだろうから、岩波ジュニア新書の『昭和時代年表』などを見ながら、確認しながらしっかりと理解し、覚えていくことが大切だ。

 なお、「補論 民意の軌跡」(p.197~)は、選挙分析で大学受験には無縁だろうが、面白いので、若い人たちにも合わせて読んで、感想を教えてほしいものだ。


戦後政治史 戦後政治史
石川 真澄 (2004/08)
岩波書店
他の人の書評や詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

亥年現象

亥年現象亥年現象(いどしげんしょう)とは亥|亥年の参議院議員通常選挙において、自由民主党(以下、自民党)が苦戦を強いられるとする元朝日新聞社|朝日新聞記者の石川真澄の仮説。概要亥年は参議院選挙と統一地方選挙が同時に行われる年である。1947年

ゆいの部屋 2007年07月30日(Mon) 13:23


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。